精神的な障害を克服するための取り組み|適応障害に勝つ

辛い今を過去の話にしよう
このエントリーをはてなブックマークに追加

環境への適応力を高める

医師

環境に対する適応力は個人差が大きく、ストレスへの耐性が低い人ほど新しい環境に適応しにくいのが現状です。急な環境変化についていけず精神症状や身体症状・行動障害が見られる場合に、適応障害と診断されます。精神科や心療内科では心理療法を中心とした適応障害の治療を通じて、患者さんの環境適応力を高めています。

もっと読む

精神障害の症状と治療

カウンセリング

どのような疾患かを知る

適応障害とは、ある特定の出来事の変化に対して上手く対応することが出来ず、様々な症状をもたらしてしまう障害です。例えば、進学や結婚など人生における節目の場面において、その環境に馴染めず、不安や恐怖感、それに伴う吐き気や頭痛などの身体的症状などが良くある症状です。適応障害は、症状が似ていることからうつ病と間違われやすいですが、うつ病との大きな違いは、原因となるストレスや環境がはっきりしており、他の病気を全く持っていないということです。症状は上記のほかにも、暴れたりなどの暴力的行為や、引きこもりなどの行動が見られる場合もあります。適応障害の原因は、上記の通り人それぞれ様々であり、ある大きな出来事が関係している場合が多くあります。そのため、治療のためにはまず、原因となっているストレスを明確にすることが必要となります。例えば進学と言う節目であれば、どのようしたら新しい学校や教育環境に慣らすことが出来るのかを考えていく治療となります。また適応障害を持つ人は、社会不不適合者であるという訳ではありません。傷つきやすかったり、何か物事を断るのが苦手だったり、感情の起伏が激しい人などが、適応障害になりやすい特徴です。しかし、通常生活している状態であれば、何も問題なく過ごすことが出来るため、偏見を持って接するのはいけないことです。また生まれつきのものではなく、後天的に適応障害になってしまう人もおり、それは社会人であっても何歳であっても、発症することがあります。まずは、身近な疾患であるということを理解することが大切です。

治療

適応障害は、治療をしてきちんと治すことが出来るものです。治療は、患者がストレスの要因となってる出来事に対して通常通り対応出来るようにサポートしていくものとなります。そのために行われるのが、精神療法です。プロのカウンセラーや医師が、適応障害患者のストレスの要因となっている原因や症状を細かく聞き、そのストレスが患者に対してどのような意味合いを持っているのかを見つけていきます。その過程で、どのような方法でストレスと向き合っていくべきかを検討していきます。そのため、治療方法は患者によって大きく異なります。進学先に馴染めず症状が出ている場合は、進学が患者にとってどのような意味を持つのか、例えば将来の学歴へのプレッシャーなのか、新しい人間関係の構築が怖いのか、などといった悩みを引き出していきます。その上で、ストレス耐性を上げるための助言などをして治療を進めていきます。また、適応障害である疑いを持った場合、家族のスタンスとしては、温かくその状態を受け止めるということが大切です。患者にとって重要なことは、上記の精神療法と同じく、悩みを共有し、ストレス解決の糸口を見つけ出してやるという点です。まずは周りの人が落ち着き、患者の抱えるストレスと向き合っていくことが正しいサポートの姿勢と言えます。適応障害になる人は多く、精神科に通院している人のうち、一割程度は適応障害患者であるとされています。ストレスがたまりやすいといわれている現代、その患者数はますます増えていくものと思われます。そうならないためにも、自分や家族が症状に気付いた場合はすぐに病院へ行くことが必要となります。

ストレスが元となる精神病

頭を抱える男性

適応障害はストレスが原因でかかってしまう病気と考えられており、その症状はストレスとなる場所に行こうとするとあらわれ、その場所から離れると元気になるということから周囲にもなかなか気づかれにくい病気といわれています。

もっと読む

ストレスによる精神障害

看護師

適応障害は特定の環境に対応できないことが原因になって起きる精神障害で、ストレスの原因を解消すれば治ります。原因を取り除けないときは、主として心理療法により、ストレスに適応できるよう内面を改善していきます。

もっと読む