一刻も早く苦しみから逃れる為に取るべき行動|適応障害に勝とう

レディ
このエントリーをはてなブックマークに追加

ストレスが元となる精神病

頭を抱える男性

うつ病と似ている

適応障害は、ストレスが原因となって発症する病気で、不安に感じたり常に緊張感がしたり急に悲しくなって涙を流したりするなど、うつ病と似た症状が現れてきます。ストレスによって脳の機能が低下してしまい、精神的なバランスが不安定となって生活にも支障が出てきてしまうこともあります。集中力が欠けてしまったり、何をやってもうまくいかずに自分を追い込んでしまったりするなど、悲観的に思っているような状態となることがおおくあり、症状が悪化する前に早めの治療を行なうことが大切です。それと同時に適応障害の場合は脳にエネルギーを与えていくことも重要です。最近では適応障害を緩和するために、脳を活性化させる効果のある成分が含まれた亜麻仁油を摂取する人が多くなってきています。

周囲に気づかれにくい病気

適応障害は、本人が苦しんでいても周囲からなかなか理解を得られないということが多々ある病気です。その理由は、普段から症状が現れるわけではなく、病気となる原因が現れるときだけにつらい症状が現れてくるものだからです。どういうことかといいますと、うつ病の場合は病気となってしまったら、いつも落ち込んでいて自尊心を低くしているような言動が多くなります。しかし適応障害の場合はいつでもというわけではなく、仕事に行く前だったり学校に行く前に急に症状が現れてくるのです。症状が人によって様々で、うつ病のように落ち込んだり心が重たく感じて涙が出てきたりすることもあれば、頭痛がしたり腹痛がしたり眩暈がしたり吐き気を感じたりするなどのような身体的な症状を訴える人もいます。しかし、それ以外の時は普段と変わりなく元気でいることがよくあるため、周囲からはただ単に仕事や学校に行きたくないだけなのではないかと思われ「怠けている」「甘えている」と、病気になっているように見えないこともあるのです。しかし適応障害にかかった本人も、なぜ急に症状が現れてくるのかわからず、つらい症状に悩まされていたりします。ひどくなればうつ病と同様に「自分はいらない存在だ」と悲観的に考えるようになることもあり、自殺に追い込んでしまうこともあるため気を付けなければなりません。ストレスを強く感じてしまう状況に立たされるようになると症状が出てくるといわれているので、早めの治療とストレスへの適応力を高めることが必要です。